英語を短期間で話せるようになりたい!そんなあなたにオススメの方法

私は大学卒業時に全く英会話ができませんでした。英単語を覚えるのも苦手だったので、英文の読み書きも辞書なくしてはできず、学生時代も非常に苦労しました。お恥ずかしながら、就職先は英語を使う機会がほぼ無さそうなところを選びました。
しかし今の時代、仕事で英語が必要になる機会がどうしてもでてきます。とある会社に出向した2年間、英会話を全くできない私が、海外出張などでどうしても英会話が必要になりました。

お金がない私は、できるだけ低コストな方法を色々試したのですが、ある方法ではわずか2か月で「英語が使える!話せる!」と実感するレベルまで英語が上達しました!その数か月後には、国際会議で自分の考えを主張したり、英語でのプレゼンテーション(質疑応答含み)も行っています。
学生時代の私が見たら、さぞかしその姿に驚いたことでしょう(笑)。

英会話ができるようになりたいと考えている方にお役に立てばと思い、以下私が実践した方法を紹介します。
最初にいくつかポイントを説明し、そのあと各ポイントについて解説したいと思います。

英会話上達のポイント

  1. 勉強の前に目標を決める!
  2. 聞くだけでは上達しない!英語を「話す」時間を作る!
  3. 週に何日英語を話すかが勝負!
  4. 短期間に低コストで英語を話せるようになりたければ、インターネット英会話が絶対オススメ!




1.勉強の前に目標を決める!

最初に、そもそも英語を勉強する理由について、みなさん自身で確認しましょう。

受験勉強のため・・・
海外旅行先で困らないように・・・
会社で出世するのにTOEICスコアを求められるから・・・
仕事で取引先と意思疎通をするために・・・
留学のために・・・将来的に移住したい・・・

様々な理由があると思います。
その理由を確認したら、英語学習の「目標」を決めましょう。

海外旅行で必要ならば、旅行先で使える簡単な英会話を覚える必要があるでしょう。
仕事で必要ならば、流ちょうに会話ができずとも、間違いなく確実に意思疎通できる英語力が必要でしょう。
将来的に移住してネイティブ並みに英語を使いこなしたければ、字幕なしの洋画を見て理解できるくらいの目標設定が必要かもしれません。

大切なのは、英語の勉強の目標を決めたら、その「目標達成以外のことはしない」ことです。
英語に限らず、外国語学習によくある失敗例は、目標を決めていなかったために、色々なテキストやら教材やらに手を出して、結局どれも身につかないというパターンです。要するに、上を見るとキリがないです。

「私はTOEICテストでは900点以上を取れるのに、英会話が苦手・・・」

だとか、

「ビジネスで英語は使えるのに、洋画を字幕なしでは見られない・・・」

という方がいますが、
出世のためにTOEICのスコアを900点以上求められているだけなら、英会話はできなくても出世できます。
ビジネスで英語が十分使えるならば、洋画は吹き替え版で見たって誰も困りません。
英語を学ぶ目標が達成されているなら、全然問題ないわけです。

人生は有限です。
あなたの人生を英語学習だけで終えないために、あなたのやりたいことをやる時間を確保するために、英語の勉強を始める前に「目標設定」を必ずしましょう。

2.聞くだけでは上達しない!英語を「話す」時間を作る!

この先は、前の項目でどのようなレベルであれ
「英会話ができるようになりたい」
あるいは
「スラスラと英文が読み・書きできるようになりたい」
という方だけに関係があると思います。
英語を読む・聞くだけだとか、時間がかかっても書ければいい、あるいはTOEICテストでスコア○○点以上取りたい、という方にはあまり関係のない話になります。

では、どのような方に関係がある話なのか?
それは、1秒未満の短時間ですぐに必要な英単語やフレーズを使う必要がある方に関係します。
わかりやすい例ですと英語で「会話」する必要がある方です。辞書が無くてもある程度の文章をスラスラ書く必要がある方にも関係すると思います。

冒頭の文章に戻りますが、私は英会話が全くできないにもかかわらず、国際ビジネスが中心の会社に出向することとなり、仕事で英会話が必要になりました。
そこで最初は思い切って英会話教室に行くことを考え、いくつか無料レッスンを受けてみたのですが、授業料の高さに驚きやめました。いくら自分の給料のためとはいえ、自分の月収の何倍、ボーナスなど軽く吹き飛ぶくらいのお金がかかるようでは、割に合いません。
とりあえず仕事で最低限の英語を使えればいいや!くらいの目標を持った私は、通勤の電車内で英単語を必死で覚えようとしたり、ラジオ英会話のテキストを買って日々勉強に励みました。

さて、出向して最初の半年間、何回か海外出張を経験して気づいたのですが、

まったく英語を話せません。

そもそも、相手の方が話している内容も半分くらいしか理解できていません。

仕事はまぁ、その会社はだいたいもう一人ベテランの社員さんが同行しくださったので何とかなるのですが、私は会議の議事録すらもまともに取れずにいました。半年間何もしていないのならともかく、自分なりに努力をしていたつもりでもその結果だったので、愕然としました。きっと私は英語が全くできない、脳の言語野に何か問題のある人間なのかもしれないなと本気で思いました。

そこで色々と振り返ったのですが、出向した最初の出張では、相手の方の話の3分の1くらいしか理解できていなかったことを思い出しました。なので、半年で相手の方の話を半分は理解できたのなら、多少は英語力も上達したのかもしれないと気づきました。

しかし、聞くだけならともかく、話すことは全くできません。

なぜ会話ができないのか?
それは、相手の方が話した英文の内容を理解し、その答えとなる英単語やフレーズをすぐに脳が反射的に思いつかないからでした。

私は当時、海外出張で常に電子辞書を携帯していましたが、会議のような場面でいちいち辞書を使うわけにはいきません。ゆっくり英文を読み書きするのとは違って、相手の方が話してから数秒以内には適切な英文を返さなくてはなりません。

まがりなりにも、ラジオや英単語のCDを聞き続けたおかげで、多少なりともリスニング能力はついたかもしれません。しかし、お相手の会話に対する答えをパッと返せるようになるには、「話す」ための訓練をしなければなりません。
みなさんも母国語で会話するときに、わざわざ単語を一から思い出したりはしないと思います。不思議なもので、「話す」ための時間を十分確保し、場数を多く踏むことで、いつの間にか自然に英語で返答することができるようになります。

そのためには、聞くという受け身の行為だけでなく、「話す」ための訓練をしなければなりません。

3.週に何日英語を話すかが勝負!

英語を話す時間をできるだけ作る必要があると気づいた私は、週末に英会話サークルや英会話カフェなどに行くようになりました。英会話サークルなどでは、1,000円くらいのお金で1~2時間英会話ができるので、英語を「話す」練習には良い環境です。私は東京に住んでいるので、そのようなサークルやカフェが近くにあったことも幸いしたと思います。

さて、毎週英会話サークルなどに足しげく通い、何回か海外出張をした結果気づいたのですが、

週の前半の海外出張では割と英語が使えましたが、週末に近づくにつれて全くしゃべれなくなるのです。

おそらく、一定以上の英会話のレベルに達した方なら、あるいは語学が得意な方ならそんなことはないのだと思います。
しかし、英会話が全くできなかった私のレベルですと、週に1回数時間英語を話すくらいでは全く英会話が身に付きません。本当に不思議なもので、水曜日頃から出張に行くと、木、金曜日にはしどろもどろの英語しか使えません。

このような状態で出向から9か月経ってしまいました。
通勤時間は英単語を勉強し、週末には英会話サークルなどに通い、海外出張も何度も経験したにもかかわらず、私は全く英会話ができない状態でした。

このとき気づいたのは、1週間のうちに何回英語を話すかが重要だということです。
本当に不思議なものですが、英会話サークルに行っても、その後数日間ずっと日本語だけで会話をしていると、あっという間に英会話の能力が落ちてしまいます。
せっかく1,000円くらいとはいえ英会話サークルなどに行き英会話の能力を高めても、使わないままだとすぐに脳が日本語モードになってしまいます。これを防ぐには、週末だけでなく、1週間のうち何日英語を話す機会があるかが重要だと気づきました。

とはいえ、平日は仕事(残業)があるので英会話サークルなどに行くのも難しいです。仮に行けたとしても、週に何度も行けば、比較的安い英会話サークルなどでもそれなりの出費になります。
ここでイメージトレーニングによって英会話をするという手もあるのですが、私はそこまで器用ではなく、全く長続きしませんでした。

このままではまずいと思っていた私に、救いの手を伸べてくれた方がいました。

4.短期間に低コストで英語を話せるようになりたければ、インターネット英会話が絶対オススメ!

それは、出向先にいた、私とは別会社から出向していたKさんでした。
Kさんも、私と同じく英会話がまったくできないにもかかわらず、国際ビジネス中心の会社に出向となった稀有(「気の毒」ともいえる)な方でした。実は英会話サークルなども、Kさんが最初行きはじめて紹介してくださったので、私も行くようになりました。

Kさんは私よりも数か月あとに出向に来ました。しかし、Kさんの仕事ぶりを横目で見ていると、明らかに私よりも英語が上達していました。
私と同じで、出向してきたばかりでは英会話ができなかったのになぜだろう?実はそれまで機会がなかっただけで、語学に堪能な脳の持ち主だったのだろうか?色々疑問を持った私でしたが、話を聞いてみれば簡単でした。

Kさんは出向してからインターネットの英会話をはじめていたそうです。

インターネットの英会話!
「話す」訓練というと、対面かイメージトレーニング(しかも続かない)しか思いつかなかった私には衝撃的でした。

話を聞いてみると

  • スカイプを使うので通話料は無料
  • 月額5千円くらいで毎日会話可能(忙しくて週2~3回しかできなくても十分安い)
  • 1回25分なので、平日でも帰宅後に時間をとれる

と、私が悩んでいたお金や時間の面が見事に解決されます。
もし毎日時間を確保できるのであれば、高いお金で英会話学校に通うよりも長い練習時間を確保できます!

さらに

  • 講師はネイティブでレッスンスキルのある方ばかり
  • 無料のテキスト(PDF)が豊富
  • テキスト以外にも、自由会話が可能(出張のプレゼン練習も可能)
  • サポートしてくれる日本人スタッフも控えている
  • 無料レッスンを何回か受けられるので、合わなければその時点で考え直せる

と良いことばかり!
あまりにも良いことばかりなので、Kさんの話を最初に聞いたときは、何か裏があるのではと疑ってしまいました。
Kさんがやっていなかったら、私は逆にいいことだらけの条件を不審に思い、インターネット英会話を始めていなかったかもしれません(笑)。

インターネット英会話でおすすめなのは、以下のとおりです。





ちなみにKさんと私は レアジョブ をやっていました。

さて、インターネットでの英会話ということで、初めのうちは不安もありましたが、まぁ半年やって上達しなかったらやめればいいや、それでも5万円以内の損で済むし、くらいに考えて続けてみました。

インターネットの英会話をはじめて2か月後、ついに海外出張に行くことになりました。
そこで驚いたのは、なんと相手の方の会話がほぼすべて理解できたのです!

お相手はシンガポール人でした。シンガポールはやや独特のなまりがある英語で有名らしく、実際その5か月前に同じ方々と打ち合わせをしたときは、私は相手が何を言っているのかほぼ理解できずに終わりました。
わずか2か月インターネットの英会話を続けただけで、ここまで変わるのかと自分でも驚きでした。

道具が使えれば、使ってみたくなるのが人間の性です。
私はその打合せで意見を求められたときに、それまでは同行していた出向先の社員さんを事実上の通訳にしてやりとりをしていたのですが、その時は直接話しました。いやほんと驚きなのですが、パッと答えたい内容の英語が出てきたのです。
一番驚いていたのは、同行していた出向先の社員さんでした。私は英語ができないと出向先からは完全にレッテルを貼られていたので(恥ずかしい話ですが)、決して上手ではないものの英語で会話をしていた私をみてとても驚かれていました。

それからは、出向先からも英語が使える人材とみなされ、私自身も英会話に自信を持てるようになりました。
とある国際会議に出席を命じられたり、英語でのプレゼンテーションを任されたりと、色々な仕事を引き受けることができるようになりました。
通常の会話よりも難しいといわれる国際電話にも、難なく対応できるようになりました。

・・・長くなってしまいましたが、以上が私の実体験から、短期間で英語を話したい場合にインターネット英会話をお勧めする理由です。

さて、上記のとおり、レアジョブとDMM英会話を紹介していますが、どちらがよりよいかというと個人差があると思います。

コスト面だけで比較すれば、

毎日1回25分のレッスンを受けたいという方はDMM英会話の「1日1レッスンコース」が安いです。
毎週3回以上の英会話時間を確保できる方も、DMM英会話の「1日1レッスンコース」だと一回の授業料の単価が比較的安くなります。

1週間に最低3回は英会話の時間を作るのが理想ですが、仕事などが忙しくて、週2回くらいしか時間が取れそうにない!という方もいると思います。
そのような方には、レアジョブの「日常英会話コース 月8回プラン」がお勧めです。
公式サイトの料金プランですぐには出てきませんが、以下のとおり公式サイトに説明があります。

レアジョブ公式サイト よくあるご質問
「コース、料金プラン、あんしんパッケージの詳細と料金を教えてください。」
https://faq.rarejob.com/faq/show/983

お金だけでなく、それぞれのシステムに向き・不向きがあると思います。
どちらも2回まで無料体験レッスンができますので、それぞれの無料体験レッスンを試してみて、ご自身が長く続けられそうな方で勉強を始めてみてください。

最後に、みなさんの英語学習に、私の経験が少しでもお役に立てばうれしいです。




コメントを送る / Send your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 / Your e-mail address will be kept private.